2016年3月3日木曜日

6年目のコヴァラムでの出来事

前回の投稿から1ヶ月半くらい経ってる?
しかも前回も中途半端な報告で。笑

今回のコヴァラム滞在は結局トータルちょうど3ヶ月間てことになる。
2010年の8月が初めてのコヴァラムで、それから何回来てるのかはもう数えられない。
とにかく日数にしたら3年分くらいはいるんじゃないかと思う。

何度も同じ場所を訪れる人達の理由が、異性の存在だったりすることはよくある話だけど、まぁ、私もそんなこともあったなぁ、2回くらい?(笑)
でもたいていはコヴァラムに行きたいから仕事を作る、って感じの仕事があってきてたかな?だから長期滞在でもヴァカンスで来ている長期滞在者とは縁もなく、リゾートにいながら案外ストレスフルな滞在だったりしてたんだよね。

でも今回は特にきっちり予定も立てず、仕事もなく、ただ英語でのヨガのティーチングの練習がしたいというのが目的で来たんだけど…その目的もすぐに叶って、いい人ばっかりクラスに来てくれて…ティーチングスキルはまだまだだけど、とにかく楽しく出来た!それが最高だと思ってる。

日々のセルフプラクティスも朝5時半から約2時間っていうのが完全にルーティンになって、しかも毎日新鮮な気持ちで今も取り組んでいる。

各国から来ているヨガプラクティショナーや、旅行者、リタイヤして毎年来ている長期滞在の人達とも話しをする機会がたくさんあった。
みーんないい人で、ほんとにもう…なんでこんなにいい目に遭ってるの?私ワルイけどぜんぜんマジメに働いてないしさぁ、ナンデナンデ??ってホントよく思ってた。笑

なんでかわからないけどいつも気持ちも落ち着いていて…
何にもない普通の一日を幸せな気持ちで過ごしてた。
何ヶ月も収入がないこととかも思い出しもしなかったし。

ちょっと魔がさして?ボーコー炎が悪化して4日間も熱が続いたのが1月の終わり。
あー、魔がさした、アホ!ってすぐに軌道修正して(笑)

2月からの初め、ビーチのステップに座ってサンセットを見ていたら「イタリア語話せる?」と聞かれ、「話せない」と言うと、「ここで何してるの?」と英語で声をかけられた。
「夕日を見てるの」って言うと、
「そうじゃなくて、このコヴァラムで何してるの?」と難しい質問をされた(笑)

「リラックス?かな?」
と言うとその人はその答えに満足気な顔した。
結局その人はイタリア人ではなく、自分もイタリア語なんか喋れない人でした(笑)

そんなのがきっかけで、その翌々日の朝食から、毎日毎日一緒に食事をして、お茶を飲んで、ヨガをして、何かの用事でどこかに行くのも、遊びに行くのも、どちらかの友達と会う時も…いつもいつも一緒だった。
その人は帰りのチケットを変更して、仕事に差し支えないギリギリまで9日間滞在を延長して、ほぼ一ヶ月間一緒に過ごした。

その人も13年間、2月は毎年コヴァラムに来ている人で、私も2011年から毎年2月はコヴァラムにいるから、きっと何度もすれ違ったりしてたんだろうけど…なんせ欧米人には全く興味がなかったから全くわからない(笑)

その人は私のこと知ってたけど、今年初めて話しかけてみた、なんて言ってたけどそれはどうだかね?(笑)


とにかくね、この人と、このコヴァラムで、今回、出逢えた、

…っていうのは、私自身の変化の結果と思えてならないわけです!!!

今までみたいに心がワサワサして、故に行動もワサワサしている私だったら、この出逢いはきっとなかっただろうな、と思うのです。


ま、これ読んで、私をよく知る人は、
「ほんっとによく恋するよね!」
「いっつもそんなこと言ってるよね」
って思ってると思いますが…はい、否定はしません(笑)

これ、とりあえず日記代わりなので。
あ、あの時こんな感じだったのね、って私自身が楽しんでるの。

はぁ〜、長くて内容はたいしてなくてスミマセン(^◇^;)
コヴァラムは今クソ暑くて疲れるので、ここらで終わり。
またね〜☆

2016年1月17日日曜日

実は10月下旬からインドにいます

もうブログはやめてしまったのか⁉️

つーほどご無沙汰してしまいました。

出国前にiPhoneに替えたので、新たにブログ投稿のための手順を踏むのがメンドーで3か月もほっぽらかしでした。

このブログには2011年からのアホなインド体験やらアホな恋愛やら…ほんとにアホ満載で…今も相変わらずのアホですが…

つい先日51歳になり、
この年齢でもまだまだ肉体も精神も進化してゆくのを感じて、人ごとのように人間の潜在能力のスゴさに感心している今日この頃です。


今回のインドはヨーガ三昧です。
11月の丸一か月はマイソールのヨーガスクールでTTCに片足突っ込みながら、Yoga therapyと、Prenatal yogaのコースを修了して、

その後は、前回のインドで出会った彼と会うために…のはずだったんだけど、もう私の心はどっぷりヨーガに浸り過ぎて、そんなことはどーでもいいっていう状態だったんだけど(笑)でもまぁとりあえず会いにフォートコーチンに行きました。

会ってみたら…

やっぱりどーでもよくて(笑)
でも彼は相変わらず穏やかで、ヨーガに夢中な私に近くの素晴らしいヨガシャラを紹介してくれました。
そこで私はズド〜ンと更に深くヨーガに落っこちた。
その先生を一目見た時から「うん、ここだ」っていう気持ちになって、次の日から毎朝、時には夕方も、せっせと通った。
当初は5日間だった滞在予定を次の予定のギリギリまで延ばして、10日間、ほんとーーーにいい時間を過ごした。

正直マイソールでの一か月間は色々なことで常に心がけがザワザワしていて、そんな心と向き合いながら、これはどうしたものか⁈と苦しんでいたのです。
でもフォートコーチンでの10日間で徐々にその気持ち悪い心のカバーが外れて、そこを去る時には「ここに来て生涯ヨーガに身を捧げる決心をしました」というメッセージを先生に残してきたくらい、気持ちはキッパリと、そして身体まで…これまで知らなかった状態に開いたのでした。

その後コヴァラムに来て、いつもと変わらぬ端っこの徒歩3分圏内のちっちゃい行動半径で暮らしています。

毎朝5時に起きて、5時半からメディテーションのプラクティス、6時からプラーナヤーマのプラクティス、その後アーサナプラクティス。
という風邪引いて熱出した日以外は毎日同じ事をしてます。


あー、長い文章で疲れたなぁー。
続きはまた今度書きます。

とにかくワタクシ元気です*\(^o^)/*

2015年9月28日月曜日

「真理」について学習ちゅう~

私の周りにはびっくりするほど「マリ」ちゃんや「マリコ」ちゃんがいっぱいいるのです。

ですが「真理」について・・・これはたくさんの「マリ」ちゃんや「マリコ」ちゃんについてではなく、
「真理(シンリ)」だよ~。
わかるか、言わなくても(笑)


先月終わり頃、ある方に「聖人の本、どんどん読んじゃって~」とかる~い調子でアドヴァイスをいただき・・・
私が色々と「腑に落ちない」と言ってる部分も「きっと腑に落ちるよ~」とかる~い調子で仰ってくださったので、それから2冊の聖人の本を読み終えた。

そのうちの一冊は「今更かぇ??」と言われるであろう、超有名な分厚い600ページくらいあるアノ本でアル。
3週間弱で読み終えたのは相当暇人の証でアル(笑)
実際面白すぎて空き時間はほとんど読書に費やして、読み返したり線引いたり、かなり入り込んだ。

そうとう頭デッカチになったと思う(笑)

休日が続いていつものルーティンが乱れたせいもあるかも知れないけど、
それだけじゃない感じで、なんだか少しアンバランスを起こしてる自分自身を感じる。

ある方が仰ったように色んなことが腑に落ちた。
だけど今までガッチリ身に着けてしまった思考のクセや、そこからくる行動のクセは、理解とは別の部分でしっかりと根付いていて・・・

「あ~またこんなこと考えてる~」
「あ~またこんなことやっちゃった~」と・・・

そのたびに独り言。。。

ねぇどうなの?神様? これはいくらなんでもひどすぎない??
これも考え方次第なの?やっぱり??
いやでも今の私レベルだとこれ限界だわ~~~。

とか、一人で神様に向かって喋ってるコワイ私です(笑)

そんな状態なんでどことなくバランスが悪く、ここんとこ妙に疲れやすかったかも。
で、昨日あたりから普段ほんとに睡眠時間短くて眠りの浅いワタシが寝てばっかり。
頭とカラダが相当休息したかったんだろーなー。
おかげさまで今はすっかり回復したぞー。


変化のプロセスっていうのは本当に面白いね。
人間は簡単に変わるよね。
「思い」「心」が変わるだけで、「体」も「とりまく環境」もすぐに変わり始める。
良くも悪くも。
だからせっかく努力して良くなったことも、努力を怠ったり、内側で間違いが起こるとすぐに元に戻っちゃう。

日々。すべてが日々、その瞬間なのです。


子供の頃に太陽系の外側の宇宙のことをよく考えた。

自分たち人間がこの世界を作ってる、みたいに思ってるけど、
実はこんな人間なんて私たちにとっての蟻んこみたいなもんで、
私たちの目には見えないくらい(微生物が私たち人間の全体像を見ることができないように、実像を把握できないくらい)デカイ存在があって、地球なんてその指先に乗っかってるほどのモンだったりして・・・

というようなことをいつも想像していた。

で、それはいつ始まったの?
で、いつまで続くの?

私のこの心、死んだらどうなるの?

また生まれ変わるとしても永遠に生まれ続けるのもこわい。
でもこれで終わるのもこわい。

そんなことをいつも考えて息ができなくなっていた(笑)

脳みそが追いつかないことを考えて、自ら恐怖のどん底に落ちている少女だった。
そしてその恐怖は実は結婚してからも続いていて(もう結婚は終わったけどね・笑)
ふとそのことを考えてしまい、息も絶え絶えの恐怖に落ちると、
だんなさんのところに丸まって「ヨシヨシ、大丈夫だよ」と、してもらったもんだ。


ヨーガと出会い、その時から片時もそこから離れずに6年がたったのは、
きっと私のこの永遠のテーマにリンクしていたからだと今思う。

ヨーガ・・・

ヨーガが好き。ヨーガしてます。って言う人が世界中にたーーーくさんいる今ですが、
ヨーガ好き同士が話をしても全く話が合わない、なんてことが起こりうるくらい幅広い捉え方をされているよね。

でも、ワタシ、ここだったんだ、って・・・

的がわかってめっちゃ人生がシンプルになって嬉しい生後50年なの(笑)

だーけーどー

問題はなかなか実践が伴わないってこと?(笑)

いつも「ヨーガは実践ありき!知識だけあっても実践しなければ何も変わりません!」
なーんて言ってる私だけどさー、

「常に」

ということが俗ど真ん中出身の私にはムズカシイ。
でも「常に」であらねばならんのだっ!!

がんばりたいス。
これがワタシの目指すところス。

どんな仕事をしていようと、どこに居ようと・・・心は神に。

2015年9月21日月曜日

5年前のマハラジの言葉

本題に入る前に・・・

このタイトルにある「マハラジ」という言葉の正確な意味がわかんないんだよねー(笑)
スピ好き、ヨガ好き、インド好きの人は知ってるか、よく聞くか、どっちかだと思うんだけど、

私も初めてのインドから意図せずもパンディット達と生活を共にしていたため、
インドのこういう単語は耳なじみがものすごくあるんだけど正確な意味を知らなかったりする(^ ^;;

しかも超ヴァータなので知識の浅さが気にならない(笑)
何年間も浅~~~いままきたわ~~。
なんとな~~くな感じで・・・スワミという意味さえもなんとな~~くな感じで、最近ようやく正確な意味を知ったわよ(笑)
このテキトーさ、自分でもビックリだよ。


てなわけで。

ここでいう「マハラジ」というのは、当時私が結構長い事滞在していたアシュラム(もどき?)に突然滞在し始めた、オレンジ色の布を着て、毎日長い時間マントラを唱えながらシャワールームを独占して水浴びし、それ以外は何かしてるの見たことないという・・・なぞのオッサン。

しかし一緒にアシュラムで生活をしていた若いパンディット達はマハラジと言って崇めていた。

そのマハラジがどうしてそのアシュラムに住むようになったのか・・・その頃私はヒマラヤの山の中の村でストレスぱんぱんで暮らしていたので、事情がよくわからない。
とにかく村からようやく解放されてリシケシのアシュラムもどきに帰ってきたらその人がいた。

なので「よくわからんオッサン」という印象のまま。あんまり喋んないし。


が、ある日、息子のように愛し、母のように愛してくれたパンディットの一人が「あのマハラジは手相を見れるんだよ。あの人はすっごい人なんだよ。手相見てもらいなよ。」と言うので、その当時占星術を信じて生きていた私はドキドキしながらさっそく見てもらった。

とにかくとっつきづらいオッサンと思っていたため、それまで全然喋ったことがなかったのに、私の右手をとって手のひらを見るなり笑った。


むっ。。。なんなのよーーーーー。 と、心の中で思った。

「こんな複雑な手相はなかなかいない」と言って笑っている。

たしかに私の手には縦横無尽に線があるけど、私は皺だと思っているんだ!!
これを複雑な手相だなんて!コワイこと言うな!!

と心の中で思った。


「ワタシ結婚したいの!結婚してシアワセになりたい!」

別に何にも問題があるとは思えない結婚生活を自ら打ち切った私デスガ、
なんだかんだその後荒波に揉まれ(勝手に波に向かっていったんだけど・笑)
なんか疲れちゃって「結婚して楽になりて~~~」と、一度結婚生活を経験したことあるヒトとは思えないような安易なことを思っていた浅はかな私。

なのに・・・マハラジはクールに言い放った。

「お前の幸せは結婚じゃない。結婚を望むな。」


ただでさえ、ヒマラヤの村暮らしでストレス抱え込んで、更に楽したい欲が高まっていた時にこの言葉。

「私は文化的な生活の中で楽したいの!!」・・・と心の中で思っていたのに・・・・

更にこんなマハラジの言葉が続く。


「お前は常に苦労する道を選ぶ」

がーーーーーーん。。。。。

「何度生まれ変わってもお前は苦労する道を選ぶんだ。それはヨギの魂だから。」


忘れもしません。私はその後2日間、ショックのあまり心のコントロールができなくなり気持ちを紛らわすために過食症ほど食べまくっていたのデシタ。。。

その頃私もヨーガを始めて1年半くらいの頃で、普通なら「ヨギの魂」なんて言われたら嬉しいのかもしれないけど・・・
忘れもしません。苦労するばっかりのヨギの魂、ヨガが大好きとか言ってる普通のきれいなオネーサンにあげたい、、、と思ったこと(笑)


こんなわからんちんだった私ですから、そりゃあマハラジから見てもその通りに見えていたわけで、

「明日から毎日一カ月間、夜明け前にガンガーへ行って沐浴をし、シヴァのテンプルでお祈りをしなさい」
「その時に”結婚できますように”なんて祈ってはいけないぞ!”どうか私の心が静まりますように”と祈るんだ。わかったな?」と仰った。


私は律儀にもその翌日から一カ月間、野犬に襲われそうになりながら木刀片手に、夜明け前にガンガーまで歩き、沐浴をして、その帰り道にあるシヴァテンプルでインド人に混じってお祈りをした。


一カ月後、私の心は静まった。
とは、とうてい思えないけど(笑)



その時にマハラジに言われたことがもう一つある。

「見ていなさい。5年後お前は”何もないけど私は幸せ”って言っているぞ」

その言葉はなんとなく頭に残っていて、時々思い出しては
「うーーーん、無理っぽい。何にも無さ過ぎる。この状態で幸せと言うことは正直出来ない」
と思い続けていた。


なのデスガ、ほんとーにここ最近、ほんとーにここ数カ月くらいの最近、思うのです。


あれ?私ってなんか幸せじゃない?

まさに何にもないし、何にも変わってないタダの地味~なチンチクリンな人生の上で生きてるんだけど、

こんなんでも私結構自分のしたいように生きてるよね~?
こんなことくらいしか考えてなかったからこんな感じの人生だけど(笑)
考えてたことだいたいやってるよね~?え?それって幸せじゃんね~?

って。

そして恐ろしい事に気づいた。

今ってあのマハラジの言葉の5年後じゃない?!!

ヨギの魂っていう定義も、魂について色々学んできた今、よくわかんね~な、とは思うけど、
今となってはその言葉も有難い。

真理を知って、神が望むように生きていければそれが幸せ、と思う今の私にとっては、
ただのオッサンだと思っていたあの人が言ったことが「本当のことだったのかも」と思える。

あのオッサンは今思い出すと本当の実践者だったもんな~。
「これを知りたければ金を払え」と自分のビジネスの成功と智慧を授けることが一緒くたになってる今時のグルジーとは違ったよね~。


たまたま数日前、棚の中で折れ曲がっていた「いんどのーと」を発見したんだけど、
これには初めてor2回目のインドでのインド占星術の結果をメモしてあって、
ここにも当時理解できずにいたけれど、今読んでみると鳥肌が立つくらい「こういうことかー」っていうことが書いてあった。


今頃ですが、自分の人生を生ききることに決心がついた今日この頃でゴザイマス。




 

2015年9月8日火曜日

毒親とかいう言葉があるらしいが・・・

なんかスゴイよね、日本って。(日本だけじゃないかも知れないけど)

ある日突然社会のあちこちで起こってたよくある問題に印象深い呼び名をつけて、急にどど~んと社会問題にするっていう。

古いけど「セクハラ」とかさぁ、もともとのセクシャルハラスメント(性的嫌がらせ)という意味を越えて、ちょっと気に食わない性別に関わる発言が何でもかんでも「セクハラ」になったり。

この「毒親」という言葉ができあがってしまって、親もやりにくくなるぜ~(笑)
もうちょっとした親の感情的な態度とかで「毒親」だよ(笑)


毒親の定義が色々あるみたいだけど、わかりやすい暴力や虐待などだけではなく、
「干渉型」「否定型」「価値観を押し付ける」などモロモロあって・・・・・

そういう目で見たらウチの親も結構な毒親なのね~。

普通なら私の年齢はもう自分が親だから(または孫がいても普通)
自分と親の関係なんてもうどうでもいいことなんだろうけど、
私はいまだに「娘」なので、まだ「娘」らしく親の事で苦しむ。


毒親を取り上げたTV番組で
「私は親に”子育てを間違えた””おまえは失敗作だ”と言われた」と語る相談者に、
コメンテーターは「うそ?」みたいに眉をひそめましたが・・・、

こっちこそ「うそ?」です。
「私同じこと言われてるけど?」てなもんです。

ちょうど両親揃って近くにいたので、
「こんなことウチも昔言ってたじゃんね~」と言うと、

母は「誰が?私?お父さん?ほんとに?」などと言い、

父は「親がそんなこと言うわけがない!」って・・・
でたよーーー!これが毒親だっつーの。

私はその時「失敗作」っていう言葉が結構面白く感じたので、
確か20代の初めころかな~、友達に「私失敗作らしいよ」って笑ってたけど、

親もそうやって感情的に無責任なこと言ったりするんだよ。
でも人間だから感情的になるのはしょーがないよね。

だけど「親がそんなこというわけがない!」みたいなのが一番イヤ!!!

その言葉の裏にあるのは「親の言うことは100%正しい!」だからね。
押しつけがましいね~。やだね~。


この父親、毒親どころか、毒人間だからね(笑)
このお方が私の父親になってから50年たっていますが、今更ながらこのキャラの毒々しさにびっくりしてる毎日です。

お母さんも弟も、そして私も・・・お手上げ。


こんなに「俺が」「俺が」って俺の話だけしたくて、人の話を聞かない人は見たことないし・・・

この間は朝から大音量で

「オマエノ イウコト ハ クダラナイ」
「オマエノ イウコト ハ クダラナイ」
「オマエノ イウコト ハ クダラナイ」・・・・・

と延々とリフレイン。(母に向かって、ね)

「オマエが一番クダラネーヨ!!!」と私は自分の部屋で精いっぱい叫んだつもりで、つぶやいた(笑)

だいたい生活がおかしいもん。

休日は(週の半分は休日ね、年寄りだから)
朝一から晩酌(笑) さんざん酔っぱらって朝10時頃には歯も磨いて本格的に寝るという・・・
意味わかんね~~~~~。

なので夜はそりゃ眠れないよね、私の隣りの部屋で真夜中もずーっとテレビつけっぱなし。
こっちも眠れねーぜ。。。耳栓必需品。
屁こき放題。ほんとに耳栓は必需品なのさ。

他にもたっぷりあるけれど、
人の悪口書くのは気分が悪いもんだ~ね~。
だからもうやめよ。

しかもおもしろいこと発見したの。
昨日バイト先で休憩時間にたまたま「男の人の幼児性」に向かいそうな話題になったので、
ウチの父の5歳児っぷりを話したら休憩時間がエンターテイメントになるくらい大ウケだったので、ある意味こんな特殊な父を持ったのもネタだな、と思って。
別に本格的にムカつかなくてもいいやって気になってる昨日~今日なのです。(^-^)

それにさ、父の孤独と寂しさもわかるからね。
でもこれは本人が気づかないとどうしようもないこともわかったから。
私もすっごく頑張れば少しは変わってくれるとは思うけど、ここまで強烈だと負けちゃう。

というわけで、毒親からそれた?
脱線は得意(笑)

スピリットからスピリットへ100年分のメッセージ

途切れ途切れのブログ更新。
「ここまで続けたからしょーがねぇって、時々書いてんじゃネーの?」という声を先日耳にしましたが(笑)
いや、そんなことはねース。

こんなどーでもいいような内容でも10分とかじゃ書けない私。
なので、なかなか心と腰を落ち着けて書く時間が作れない。
電車の移動時間とかはボーッとするのに忙しい!
平日は昼寝の時間を作るのに忙しくてブログまで手が回らないのです!

というわけで、今日は早起きして東京さWS受けに行って、ほんとはバイトに全然間に合うんだけど、クタクタに疲れるの嫌なので休みました!
そんな時間を利用して久々の更新~~~♪


私の心の中では絶え間なく色々なドラマが起こっていてネタは豊富なんだけど、
ここ一番最近、一昨日の出来事を聞いておくれ!!!ショーーーーゲキだぜ!!!(個人的に・笑)


たぶん前回インドから帰ってから(4月末)なんだかんだで一度も行っていなかった、謎の癒し空間・横須賀のインド・パラゴンカフェ。
そこのオーナー魔女、T子jiがなかなか来ない私を強制的に招待してくれた(笑)

ライブ。・・・があるらしい。

というくらいしかわからないまま、有難くご招待に預かり久しぶりのパラゴンカフェに足を運んだ。
仕方なく行ってるから疲れちゃうアルバイト疲れと、
週末になると朝から夜中まで遊んじゃう遊び疲れとで、
なんだか体が重たいな~なんてことを思いつつ・・・
でもとにかく行った。


パラゴンカフェに到着。
予想もしていなかった人・人・人。雰囲気最高ではないか!

そして、わおっ!Yさん一家のママと娘二人が受付したり、手作りケーキを配ったり、最高の笑顔でそこにいる~~~!!
あ~もうそれだけで体の重さはゼロになったーーー\(^o^)/
まったく体ってやつはどれだけ気分に支配されているんだ、信用ならないぜ。。。

オーナー魔女・T子jiは「暑いんだよ」と言って巻いてる頭のショールがシーク教にしか見えないと言う、いつも通りのインド人っぷりで、これまたビッグスマイル&ビッグハグで迎えてくれた。

パラゴンは間違いなくいつもすべてを受け入れて人をリラックスさせるよね。


さてさてどなたのライブが始まるのか?
それさえどうでもいいくらい、美味しいYママ手作りケーキ&魔女のチャイで初対面の人達とお喋りを楽しんでいたのですが・・・

初めてお目にかかるシンガー「えびはらよしえ」さん登場です。
※名前を確認しないまま書きました。違ってたら本当に申し訳ありません!!!

よしえさんには歌がおりてくるそうです。

要するに(とここで私が解説するのもおこがましいんですが)
よしえさんはメッセンジャーなんだと思いますよ、このユニバーサルのスピリットを個人のスピリットへ伝えるメッセンジャー。

一曲一曲がどんな風におりてきたのか、そこに至るまでの経験や思いなどを織り交ぜながら、
一曲ごとにお話をしてくださる。

きさくに・・・かっこつけずに・・・やさしく・・・そこにある全てを包み込むようなあたたかさをもって。

そして私に何が起こったかというと・・・

よしえさんの自己紹介から始まるいくつかのエピソード、その段階で号泣。
最初の一言二言めくらいからだと思います(笑)

こういう時の涙は何の涙かわかりません。
感情の涙じゃないんだよね。そこに嬉しいとか悲しいとか、そういう感情はないんだよね。

ただただ一言一言が全部届いて反応している、その涙?


ちょっと話それるけど、その前の週にも同じような経験をして、
あるご縁で神様が時空を超えて集まるお部屋にお邪魔して・・・
な~んてことを言うと、どんなインチキスピリチュアルにひっかかってんのよ~とか思われそう?

ううん、全然そんなんじゃないの。
でもメンドクサイから説明しないけど(笑)

とにかく、そこでも普通にお話をしている時に、急に胸が熱くなって何かが込みあげてきて、
涙が出てきて・・・

「あ、ごめんなさい。なんだかわからないけど急に胸がいっぱいになっちゃって・・・」

と言うと、そのお部屋の主は、けろっとした調子で、

「よくそういうことあるの、ここ。それはただまゆみさんが神様の愛を受け取ってるだけだから~」とかる~く言われました(笑)


話戻って・・・、
よしえさんのエピソード然り、その歌の一つ一つの言葉には宇宙のルールがこめられていて、

私たちの間違いや、間違いからくる悲しい事や、
仕方ない苦しみや、本当は苦しむ必要のないことや、

この世界の大きな力や悦び、
本当は愛と光しかないこと・・・

そんなことが一つ一つの言葉に込められている。


それが一つ残らず届いた。チッタにリンクしたのかな?
なんかよくわからないけれど、全て心当たりがある出来事や感情のような気がして・・・
その反応は具体的な言葉や感情ではなく、すべて涙となってしまったため、
周りの人もビックリするような大号泣となった。

今まで私の魂が経験したことが反応したのかな~。

とにかく感じとしては、100年間生きて納得するような生命のからくり、宇宙のからくりを、
90分で凝縮してメッセージとして受け取った感じ。

だから実際すごい疲れたよね(笑)


でもね、このライブに参加していることがものすごいことだと感じた。

よしえさんと出会い、このライブを立ち上げてくれたYさん。
一緒に実現化したT子ji。
そして声をかけてくれたこと。
そこに集まった人達。

その瞬間と瞬間と瞬間と・・・・・・。

ありがとーーーーーーー!!!!!


ものすごい個人的な感動ですが、なんかこれはシェアしたかった。


よしえさんの歌についての細かい情報はありませんが(^ ^;;
このブログは情報収集はきわめてできないブログとなっておりますので(笑)
ご自身でお調べくださいませ☆
ほんと素敵よ、彼女☆彡☆彡☆彡
 

2015年8月27日木曜日

こんなミスをする私はダメ人間か?!

色んな経験をして、なんかもう人生を達観している人間だと思われるんだろうか?
色んな失敗をしてもゲラゲラ笑って、楽しく生きている人間だと思われるんだろうか?

理由はともかく、
心の中の苦しい事を打ち明けてくれる人は多い。
多い?・・・かわからないけど、結構な頻度で人と会ってそういう話をする。

そういう話を聞くことは、私自身にとってもものすごーく勉強になる。
私の中にある限りの・・・感覚と智慧を総動員して考える。言葉にする。

その人のためを思ってる言葉なのか、何なのかよくわからないけど、
でも思いは通じるようで、目に涙をいっぱい浮かべて、会えてよかった、と言ってくれたりする。
そして私も会えてよかったと心から思う。


人の身に起こることや、人の心に生じる思いについて考えているときは、無駄な感情が入らないせいか、ブッディがいい仕事をしてくれるが、こと自分の事となると・・・マインドは猿に成り下がる。。。


昨夜、バイトでミスをして、今でも何となく気持ちが晴れない。。。


バイトのミスです。

大きなプロジェクトでのミスとか・・・そんなカッコいいもんじゃありません。

フリーターとか、リストラされた人とか、なんでもいいからお金がもう少し欲しい人とか、
いやそんな人ばかりじゃなくてちゃんとした人もいるけどね、もちろん、
でもそんな人もごちゃまぜになって働いている、いわゆる誰でもできる仕事でミスをする私。。。

しかも2度目、または疑惑も含めて3度目(笑)

昨日のミスで疑惑も私だったということになってしまったでしょう。。。笑


どんなミスかはメンドクサイからここでは説明しませんが、

自分が初めてそれをやってしまうまでは
「そんなミスする人いるの?」っていうくらいバカみたいなミスで、
でもちょっとした不注意で起こりやすいミスなので、朝礼で毎日のように言われていること。


一度目は年末のアホみたいに忙しい時で、その時は「げっ!!そんなこと誰がやるのかと思ってたことを私がやってしまったーー!!」と、まぁ今後は二度とやらないように、ということで、仲間内では笑い話になったが。。。

二度目は「疑惑」でミスがミスとなる前に「これ、おかしいぞ?」と発見し、それは私の場所だけど、イヌイちゃんはいつもちゃんとやってるからたぶんあの人だと思う、ということになり。
(これは今でも私じゃないと思ってるけど)

そして昨夜の三度目。
今回も違う人が発見して未然に防げてはいるものの、たぶん私がミスしたんじゃないかと。。。
でもホント、夢遊病者かと思うほど全く記憶にない出来事。
「ミスっていうのはそういう時に起きるもんだよ」と言われ、まぁそういうもんなんでしょうが。。。

老人でもできることを、私はできない。

とつい落ち込む。

三度とも未遂なのでクビにはならないけど~。

「あの人は仕事が遅い」とか「あの人とはやりにくい」とか、
私は何を偉そうに考えていたんだ??と思うと、もうほんとに情けなくて・・・

つい落ち込む。


ダメ人間じゃん。
ダメ人間なのよ。
ダメ人間のくせに何を人のこと批判してるのよ。

と落ちこむ。


でもこれが自分自身のことじゃなかったら、
「あなたはあなたの良さがあるのよ~。それ発揮できることをできればそんな気持ちにならずに人の役に立てるよね~」って思うと思う。


だからたぶん私はダメ人間ではない。

でも心の持ち方を時々間違えて苦しむ。

小さいことに気づいて、一つずつ確実に整えていけばいい。
この人生は、この肉体を乗り換えることは出来ないし、
丁寧にいらないカバーを取り除いて、純粋に生きよう。


と、つまらないミスの話が壮大な魂に及んだところで・・・おしまい。