2015年3月29日日曜日

わたしのフォートコーチン


私のイメージではフォートコーチンはコロニアル調の建物とお洒落なカフェだった。
(ま、調べりゃいいんですケドね。余計なことはするんですがやっといたほうがいい事はやらない人)

なモンで、「じゃあせっかくだからお洒落なカフェでサンドイッチとか食べちゃおうかな~♪」とか
「アノーキで洋服買お♪」とか、ホントにそのくらいのことしか考えてなかったかも(^ ^;;

間違えて降りた(というか違う列車に乗ってしまった)エルナクラムタウンから、仕方ないから乗ったリクシャのドライバーがめっちゃ明るい人で、たくさん観光案内をしてくれたおかげでソコソコのイメージはつかむことができて、どうやら魚をとる町らしいと(笑・そんなことかい?!)

じゃあ朝起きたら海まで行こうっと♪♪
と、まだお店が開いてない時間からブラブラ町を散策がてらビーチの方に出てみた。
オープン前のお店もなかなか雰囲気があってよい♪
やっぱり町並みはコロニアル調で素敵。

ビーチといっても海水浴のビーチではなく、チャイニーズネットという方式で魚を捕まえ、そこかしこで魚を並べて売っている海岸。
でも私、漁師さんとか大好きなのでこの海岸沿いにどハマりして滞在中毎朝ウロつきに行っていた^^

この周辺に朝早くから集まっている人達、みんな笑ってる。
男たちが何人も集まって楽しそうに話している。

いっぱい積んであるココナッツ飲みたいけど売り物なのかな~と思って見ていると、
おじちゃんが「飲みますか?」って丁寧な感じできいてくれて、甘くて美味しいココナッツを選んでくれた。笑顔が優しすぎる♡♡♡ きゅん♡

ルンギーの裾まくった男たちがブラブラとチャイを買いに行くお店で
チャイを買ってると、
「うまいか?」「まだ飲んでないのか?熱いのか」と楽しそうに話しかけてくる。

あ~~いいな~この町。

そんな気持ちで宿まで帰る道をまたブラブラと散策しながら歩いていた。

ま、観光地なのでリクシャとかお店の人とか色々と声がかかる。
そんなのを適当にあしらいながら歩いていると一台のバイクが横を通り過ぎて、
「ナマステー」とすっごいイイ笑顔で通り過ぎざまに言うので、なんだかいい気分になって
「ナマステー」と返した。

少し歩いた頃にそのバイクが戻ってきて、何を話しかけられたか忘れたけれど、とにかくその人はゲストハウスをやっている人で、そこに昨夜まで泊まっていた日本人の女の子と私が昨夜たまたま会って話をしていて、その女の子の話で盛り上がった。

たったそれだけのきっかけで、私のベタな感じで始まったはずのフォートコーチンが、私の人生を揺るがすかもしれないくらいの(そりゃ大袈裟か?笑)不思議な滞在に変わってしまったのです。


その人はカルマの話をした。終始ニコニコしながら「僕は人のためにいいことをするんだ。それが僕のカルマだから」
?いや訳が違うかな?まぁそういう話をした。
今回のインドは静かに真面目にカルマを語る人に縁がある。

そしてその人の口からはユニバーサルエナジーという言葉が出てきた。
これもまた今回のスリランカからの旅のキーワードなのです、実は。

なんとなくその人に興味が湧いた・・・という感じから、
私はなんとコーチンを離れるバスに乗る瞬間までその人と一緒にいることになった(笑)

私はその人に心の中をえぐられた。

「なんでそんなに悲しみを抱えているの?」
「何に対して怒りを持っているの?」
「エゴを手離しなさい!」

・・・・・と言われた。

「もっとリラックスして生きればいいんだ」
「人生を楽しんでいいんだよ」
「過去に何があっても関係ないんだ。すべては今だよ。今が始まり」

「一番大切なのは愛なんだ。ただ愛の気持ちで生きればいいんだよ」

その人は本当にただただあたたかい愛で包んでくれていて、
私はそれからずっとあったかかった。

目に映る景色はもっとキラキラした。
宿のおばちゃんは「若返ったよ!20か21くらいに見えるよ」と言ってくれた(笑)


結局一泊追加して3日間フォートコーチンでただブラブラ歩いて、いつものように牛や山羊の写真を撮ったり、お洒落なカフェにも一回くらいしか入らずに、ローカル屋台でおじちゃんに囲まれてご飯を食べたり、


宿でその人が用意してくれるホームメイドのご飯を食べたりして過ごしていた。


暑い昼間はテラスから外をボーッと眺めたり、夜遅くビールを飲んで、ご飯を食べて・・・
健康と美を追求する日本女性が絶対にしない生活だ(笑)
日本人観光客をたくさん知っているその人は、私をインディアンジャパニーズだと言って笑っていた。けど、喜んでいた。


あてもなく行ったこの町。

その人は
「たぶん今がターニングポイントなんだ」
「新しい人生だと思って生きればいいじゃないか」
と言った。

つい最近「この生でもう一回生まれ変わればいいじゃん」と言った友人とかぶってびっくりした。

あてもなく行ったこの町でこんな気持ちになるなんて。

もうここには書ききれませんからここら辺で終わりにしますが(笑)
私50歳になってこんな面白い旅ができるなんて期待もしてなかった!

面白さで言えば私の人生はピカイチだな(笑)





南インド伝統舞踊劇カタカリ

正直コヴァラムには飽きていて(笑)
でも4月3日にマイソールに行く予定が決まっているので、それまではせいぜい近場にいないといけない。
まぁそんなに日にちがあるなら本来は外国にも飛べますが、経済的余裕と体力の問題であまり大胆なことができないワタクシです(^ ^;;

というわけで・・・そうねぇ、この辺りで行ってみたいっていったらコーチンくらいかな~、
くらいのノリでフォートコーチン(Fort Cochin、今はFort Kochi、だと思います)に行ってきました。

そんなノリなもんでコーチン知識もなく、事前に調べるというような丁寧なことをするタイプではないので・・・案の定降りる駅も間違えたくらいで(笑)

さてフォートコーチで何しましょう?
宿のあてもなし。そんな時にリクシャのカモになるのも私です(笑)
メンドクサイから乗っちゃおうみたいな。
で、高い宿に連れて行かれるのです(笑)

でもまぁ、もうそこそこの相場はわかるので諦めたり頑張ったりしながら・・・そこそこの宿に決めて、勧められるがままに南インド伝統舞踊カタカリを観に行きました。
もう夕方だったもんで知らない場所でやることもないしね、くらいのノリで。

でも何だか劇場?というか小屋のように作ってあるんだけど、そこに入った途端になんだかすごーく楽しみな感じになってきて、全部で2時間半か3時間くらいの時間はあっという間に過ぎました。


 
あの緑色の顔のメイクを始めるところから見ることができます。
 


 
2人目が登場して白塗りを始めた時は、このすっとぼけた人は何をするんだろうと思っていたら、
人間の感情を目の動き、頬の動きで表現する素晴らしいパフォーマンスや
マハーバーラタのお芝居でその人間の感情を表情と動きだけで表現するという、ものすごいお芝居をやってくれました。一時も目が離せない!!!
 
女性役の男性もそれはそれは素晴らしいパフォーマンスで、この舞踊劇で男と女ってこんなに違うし、こんなに特徴があるんだって・・・なんだか人として基本的な部分ですごく感動してしまった!!
 
インドの楽器や歌も、案外興味がなくて、全然知識もなかったんだけど・・・なんだか全部よかったな~。ワタシ アラタメテ インド 好きニ ナッタヨ♡
 
あてもない初めてのフォートコーチンはこんな風に始まりました♪

トリバンドラムからコーチンまで(インドの車窓から)

インドの車窓から・・・なんて書きましたが、特に美しい旅のお話をするつもりは全然ありません。

ただなんだかんだ言いながらまた列車に乗りまして・・・
そうするとまた色んなことを思っちゃうわけなんですねぇ。
いや、ほんとインドの列車くらい人の生き様が見れるところがあるんでしょうか?ってくらい・・・
ドキュメンタリーを見ているみたいです。

今回はトリバンドラムからフォートコーチン目指してエルナクラムまで行きました。
予定をはっきり決めてなかったもんで前日インターネットで空席を確認すると、
一日に何本もあるエルナクラム行きはどれもNOT AVAILABLE。

なもんで、ぶっつけ本番ス。
駅で「エルナクラムまで」というと80ルピーのチケットを渡された。
5時間以上乗るのに80ルピー(160円)・・・こわいよ・・・どんな車両だっけ?昔乗ったよね?
コーチの名前も書いてないし・・・

一応きいておこ・・・

「このチケットでのるコーチは何ですか?」
「これはオーディナリーだから前か後ろだ。もう少しお金を出せばスリーパーに乗れるぞ」
「いやお金は出してもいいんですけど席がないみたいなんで・・・」

というわけで、前の方に行って列車を待つことにした。

長~い駅のホーム。
どの車両に乗るのか、2ACなのか3ACなのか、スリーパーなのか、オーディナリーなのか、
それによってそれぞれの階級の人達がそのコーチのあたりで待っている。
顔も体も服装も目つきも・・・何もかもが違う。

日本で日本人を階級別しようとしたって、目に見えてあからさまに階級別にするのは難しいと思うけど、インドでは上に書いたように顔も体も違うんだよ!

安いお金しか払えない人は顔も体も普通じゃない人がいっぱいいる。
手足が変な人、顔中がイボの人・・・「カルマ」という言葉がいつも出てきてしまう。
日本にもいるかもしれないけど、外では見かけないような人達が
インドにはいっぱいいる。普通に自分の力で生活している。もちろんひどく貧しいけれど。

そんな中にもたまたま私みたいに予めチケットを用意してなかった普通の人もいるんですが。
(すっかり普通の人のつもりでスミマセン・笑)


前回2年くらい前にこの車両に乗った時は壮絶な席取り合戦に大変な思いをしましたが、
今回は親切なおじさんがお尻を寄せてスペースを空けてくれました。
そのおじさんは自分が降りる時に私に「どこまで行くの?」って聞いてくれた優しい人でした。


このような車両にももちろん「ちゃ~い、こぴ」や「わだわだいどぅり~わだ」と連呼しながら売りに来るお兄さんたちはいて、チャイのポットを股に挟んでカップに注ぐ技をウットリと眺めたりします。


荷物を置くための棚に寝る人もいっぱいいます。
それを私も2年前にやったかと思うと・・・あまりのやんちゃぶりにぞっとします。

でもそれよりもどうしようもないおばあちゃんがいて、電車の中でご飯を食べるのはいいけど、どうしようもなく不器用で、皆に迷惑をかけていた。
「あ~あ~」とみんな思いながら、それでも「その袋は噛み切りなさい」とか「向こうに手洗い場があるから洗ってきなさい」とか助言する男性。
横目で見て鼻で笑う女性、知らんぷりの人、色々です。

私はサリーにこぼれてるサンバルが気になってティッシュとウェットシートを渡しました。

もちろんそういう人はありがとうも言わないしニコリともしません。
それに対して私は本気で何とも思わないんだけど、ただただ面白い。
色んな人がいることが面白い。

美しい男の人もいた。
そういう人はお弁当を食べるのもみんなの邪魔にならないように背中を向けて、ササっと食べて(それでも皆ご飯を手で食べるけどね・笑)ササっと手を洗いに行って、その後いい香りのするおしぼりで顔を拭いた。
顔も思わずスケッチしたくなるような美しい横顔でした。
彼は私に「中国から来たの?」とききました(笑)


そう、今回はコーチン滞在中も
1日目はほぼ「コンニチハ」と言われ
2日目はほぼ「ニーハオ」と言われ
3日目は午前中までしかいなかったにもかかわらず「アニョハセヨ」と言われた。笑

なんだったんだろう?

2015年3月25日水曜日

一人でマトンを食べに行く女

一人でマトンを食べに行く女がそんなに面白いとは思いもしなかった!!!


10日ほど前にマドゥライでマトン三昧して以来、マトンにとても興味を持ってしまい、
毎日行ってるくせにメニューも見たことなかったケーララカフェにぷら~んと入っていって、

「ちょっとメニュー見せて」とマトン・チェック。

やっぱないよね~。

「マトンないんだ~」と言うと、
「マトンが食べたいのか?だったら〇〇へ行けばいつでもマトンが食べられるぞ!モーニングからイブニングまでいつでもナイスマトンが食べられる!」

マジかっ♪その町ならバスで行く方法も知ってるぞい♪♪

というわけで早速行ったわけデス♪♪♪

たまたまバスストップまでバイクで送ってくれたり、たまたまそこにバスがいてすぐに発車してくれたから40分くらいで着いたけど、普通なら1時間以上かかるかな。

ん~、まぁ確かに肉を食べるために一人でわざわざ1時間かけて出かけるのは日本でもそんなにないかぁ。

とにかく、この辺ではその行動が相当面白かったらしく、
何気で「今日マトン食べてきたよ~!」と言うと、

「ほんとに〇〇まで行って食べてきたのか?」とめっちゃ喜んでいる。

そんなに嬉しいのか?といつも世間話をする人々にマトン自慢話をするたびにみんな喜ぶ。

ケーララカフェのおじちゃんは私がいるときに常連客が来ると、

「この子は〇〇まで行ってマトン食べてきたんだよ」(マラヤラム語だけど確実にそう言ってるのはわかる)と話すので、そのたびに

「美味しかったよ~」とか
「フレッシュだったよ~」とか
「英語のメニューもなかったよ~」とか
「へへっ!ワタシ狂ってるでしょ?」とか

色んなリアクションをしなくてはいけない。

帰る前にまた行ってきなさい、とか・・・そんなアドバイスまでいただく。

いや~想像もしなかったリアクションです。


で、マトンはどうだったかというと・・・

私はよいものはみんなにおしえたいタイプですが、
それでもおしえたくないくらいホントにいい店だった!!!

星みっつです!!☆☆☆

と言いながら、ほんとに教えないで終わります(笑)

2015年3月22日日曜日

インド人の握手の意味

「インド人」と一言で言っても
北インド人と南インド人じゃ別の国の人ほど違うこともあるし、
文化だってかなり違う。

なのでここでいう「インド人」はケーララ州、あるいはもっと狭くコヴァラム?(狭すぎか・笑)くらいの感じで読んでもらった方がいいのかな~?

それともインド人全般そうだったっけ?
私もそこを知りたいので書きます。


私がコヴァラム入りしたあたりから先週あたりまで、一人旅の日本人女性がいらっしゃいました。
私たちはお互い約束などして時間を拘束するのが好きではなく、偶然会った時だけお喋りを楽しんでいました。

彼女もコヴァラムは初めてではなく、共通の話題もあり、色々な情報交換をする中で、とても気になる話題が・・・。


ある日彼女がイギリスからバカンスに来ている男性と話をしていた時のこと。

その男性が初老のイギリス人で毎年のようにコヴァラムに来ているという話から、2年前に出会ったダーリンかと思ってコーフンしたがどうやらそうではないらしい(^ ^;;

そう、で、その男性が「この辺りのインド人はすぐ握手をしようとするだろう?絶対にしちゃダメだ」と言ったというのです。

すぐに握手をしてこようとするのはある意味バカにしている。特に日本人女性は彼らに甘く見られている、と言ったらしいんです。

う~~~ん。。。

そう言われてみればそんな気がする。。。。。

日本人が甘く見られてるのはよく知っている。
でも握手にもそういう意味があったとは。


この辺にいるインド人、誰がいい人とか、あの人はよくないとか・・・その定義もよくわからないけど、誰もがそういう表現をするし、私もついしてしまう。
私はコヴァラムに通い始めて5年がたつけど、間違えてばっかりだった。
いい人だと思った人がロクデナシだったことなど、数えきれないほどある(笑)
そんな中で今いい人と思える人はほんと、ごめん、2,3人かもね(笑)

でも思い出せば、握手をすぐにしようとしてくるやつにロクなやつはいない。
私の場合、もはやセクシャルな意味合いで手を出すヤツはいないので(笑)
目的はビジネスなのだ。
グッドフレンドといいながら会うたびに握手をしようとしてくるやつは、私の後ろに「金」しか見ていない。

ほんとに見えてるの?金?
あんたの目、おかしいんじゃない?ないのに(笑)

てなもんである。


その話を聞いてからも、何度も握手の手が伸びてきた。
そう言われてみれば調子が良くて好きになれないやつばっかりだ。

どうしてもその手を無視できず、中途半端に握手まがいのことをする羽目になった時は、
その後洋服に手をこすりつけてしまうくらい気持ち悪くなった。

スキンシップってものすごくそのエネルギーを受けてしまうものだと今更のように気づく。

こういうことはあまり頭で考えることではなく、
自分が感じることに素直でいればいいと思うけど、
エネルギーには敏感でいたほうがいいね。
 

2015年3月19日木曜日

ぼやきます

この2日間でぼやき3つ。

ひっさびさに呆れ返っちゃったもんね。

その①ケーララカフェのお喋り従業員

前からメンドクサイとは思ってたんだけど・・・「マタネ」とか「アリガト」とか調子こいて連発する奴にロクな奴がいないのは世間の相場。
この間もチャイだけ飲みたかったのに無理やり饅頭買わされてコノヤロと思っていたけど、今朝プットゥが売切れてたので仕方なく「ドーサを1枚」って言ったら、「1枚??いや2枚ね」と言うので「1枚」と言い切ると、「この小さいアンマだって4枚食べるよ。1枚は悪い」と言いやがる。
カンケーねーだろ?おまえの胃袋か?

「他にフルーツも食べるからいいの。1枚。それとチャイ」
「ドーサだけか?」
「もちろんココナッツチャトゥニーも」
「お!ココナッツチャトゥニーはいるのか!」と茶化す。

あからさまに私が嫌な顔をしているので私の大好きなチャイおじさんまでシーン。
あーほんとにコイツうざい。


その②普段おとなしい雑貨屋の磯野波平

2年くらい前はよく喋ってたけど、最近陰気臭いのであまり近づかないようにしていた。
しかし私の好きなソーダがここにしかないので、とりあえず毎日喋るようになったんだけど、そしたらこれまた余計なことを言うようになっちゃうんだな~。

その店を越えたところでターリーミールスを買うので、お皿を持ってその店の前を通る。

「なんでお前は店でランチを食べないんだ?いつもいつもこうやって皿をもって歩いてる。店で食べればいいじゃないか?」
「店はいつもいっぱいで座る場所がないからだよ」
「どこの店だ?アランか?」
「チェッチーのとこだよ」
「だったら後で行けばいいじゃないか」

ってさぁ、私がいいんだからいいじゃん。

お前の胃袋か?パート2


その③前にいつも頼んでたテーラー

この間1枚だけ服をオーダーした。
以前も作ったデザインだけど、今回は胸の開きはもっと浅くして。
とそこを何度も強調してオーダー。

出来上がって着てみると、マジか?おっぱい出そうなくらい胸が開いてるではないか?!

「何これ!言ったよね?胸の開きは浅くって。何回も言ったよね?」
「前はこういう風に作った」
「前は関係ないでしょ?前のと同じって言ってないよね?」
「でも前はこうだった」

この期に及んでまだ言うか?

言い訳はバカにしか見えない。
私も気を付けよう。


というワケで、暑さとチリのせいか、突然怒りっぽい私です(笑)
辛い物食べたくなくても選択肢が少ないのよ~!
 

2015年3月18日水曜日

これがインドのパワーだ!!



先日のマドゥライ小旅行はグルメ王と同行だったため、おもしろい食体験が色々できた。

グルメ王の探究心はスゴイので美味しいお店を次々と調べ、メニューチェックにも余念がない。

お店のスタッフたちともすぐに仲良くなる。
ついには大人気店のキッチン見学までできた♪♪
実はすでにグルメ王は前日に見学済みで、私にも案内してくれたというわけ♪♪

とにかくお店の人がみんなニコニコなんだな~!
ホールの人もニコニコだけど、
キッチンに一歩足を踏み入れるや・・・もっとニコニコではないか~!ビックリだぞ!

写真がどれもこれもなぜかブレブレなんだけど(熱気のせいか?)
み~んな最高の笑顔!
マドゥライには笑顔がたくさんだったけど・・・

人気店のキッチンだからまるで倉庫のような大きさよ!
作る量はハンパないよ!
労働レベルとしては超過酷よ!

だけどみーんな最高の笑顔なんだな~。

残念だけど、私日本でこんな職場みたことないよ。
私たちのような突然の見学者を誰もが笑顔で招き入れ、
ニコニコで写真にポーズを撮る。
「これ何?」って忙しい最中に聞いても喜んでおしえてくれる。

この倉庫のようなキッチンの巨大なポットや鍋に入った料理はどれも美味しそう。
エネルギーに満ち溢れて見える。

それは結局作り手のエネルギーが料理に宿っているのだと思う。

皆汗いっぱいかいて一生懸命料理を作って、体は疲れるだろうけど、
この人たちは楽しいんだろうな。
体は疲れても、心はちっとも疲れないんだと思う。

働くことが楽しいなんて最高。
楽しく働けるということは、すなわち人生が楽しいということだよ。ね!

きっと彼らの賃金は安いんだろう。
生活は決して楽じゃないだろう。
でもこんなにポジティブパワーがある!

日本人の暮らしは彼らと比べたら贅沢で何でも揃っていて、
でもこんなに楽しそうに働いている人はそんなに多くはないと思う。
日本人の働きぶりからは「ポジティブパワー」という言葉が連想されないもんな~。

どちらがいいとは一言では言えない。

ただインドのすごいパワーを感じることだけは否定できないのだ!